記事

新生銀行の未来は

新生銀行に対するSBIホールディングスの株式公開買い付け(TOB)が第一関門を越えた。このTOBに反対する新生銀行の臨時株主総会が中止となり、SBIに対するポイズンピル(毒薬、今回の場合はSBI以外の株主に対する新株発行)が見送られたからである。直接的には新生銀行の大株主である政府(預金保険機構と整理回収機構)がポイズンピルに反対する意向を示したことから、新生銀行は臨時株主総会を急遽中止した。

記事全文を読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

  2. 2

    大企業で出世する人の特徴と、会社組織で働くことに向いていない人の特徴

    ktdisk

    01月17日 13:17

  3. 3

    共産党に近づくことで信頼を失う立憲民主党 世論は選挙協力にも反対

    WEB第三文明

    01月17日 15:37

  4. 4

    回し蹴りに自殺未遂「なんそれ!」ではすまされないZAZYの壮絶すぎる生い立ち

    いいんちょ

    01月17日 11:55

  5. 5

    「小銭を預けるとお金を取られる」ゆうちょ銀行の手数料有料化に賛否の声

    ヒロ

    01月17日 10:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。