記事

検察官の取調べを受ける被疑者に対して弁護士が助言できる範囲

取調べの可視化が行われていない状況下で検察官の取調べを受ける被疑者に対して弁護人たる弁護士は、どこまでの助言が認められるか、というのは弁護士の倫理に関する重要問題である。被疑者の防御権を実効有らしめるために検察官の取調べを隠し録りすることも許される、とまで言う人は多分いないだろう。普通の弁護士は、被疑者に検察官の取調べを受けるまでに十分時間があるようであれば徹底的な事前トレーニングを施す。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  5. 5

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  9. 9

    GoToの全面停止はすべきでない

    早川忠孝

  10. 10

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。