記事
  • ロイター
  • 2020年08月21日 10:20 (配信日時 08月21日 10:13)

在宅勤務普及が米国の格差助長する恐れも、専門家が警告

[サンフランシスコ 20日 ロイター] - サンフランシスコ地区連銀が20日に開催した将来の働き方についてのパネル討論会で、新型コロナウイルスのパンデミックに伴う在宅勤務の広がりによって、米国社会の格差が一段と拡大しかねないとの意見が専門家から出た。新型コロナの感染がなお拡大している中で、現在米国の労働人口のおよそ4割が在宅で勤務している。

記事全文を読む

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  6. 6

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  9. 9

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

  10. 10

    よしのり氏 マスク報道は不正確

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。