記事
  • WEDGE Infinity
  • 2020年08月10日 08:06 (配信日時 08月10日 07:24)

実は理に叶っていた「野手登板」、巨人・原監督の奥深さ - 新田日明 (スポーツライター)

そこまで物議を醸す問題なのだろうか。個人的には首をかしげている。6日の阪神―巨人戦(甲子園)で8回一死から巨人の増田大輝内野手が6番手としてマウンドに立った一件だ。8回のイニング頭から投げていた5番手の堀岡隼人投手は一死しか奪えず打者一巡の猛攻によって7失点する有様で、すでに11点の大量リードを許している展開だった。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  4. 4

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  5. 5

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  6. 6

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  7. 7

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  8. 8

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  9. 9

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  10. 10

    関心すら持たれぬ野党は自業自得

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。