記事
  • WEDGE Infinity
  • 2020年08月03日 07:09 (配信日時 08月03日 06:33)

日常生活でも苦しんだ照ノ富士が奇跡V―公傷制度復活の是非 - 新田日明 (スポーツライター)

見事な復活Vだった。大関の東前頭17枚目・照ノ富士が大相撲7月場所千秋楽で2015年夏場所以来、30場所ぶりとなる2度目の優勝を果たした。4人の力士に優勝の可能性があった混戦模様の中、関脇・御嶽海を寄り切りで破り、5年ぶりの悲願達成。両ひざのけがや内臓疾患で序二段落ちまで経験した大関経験者が引退危機を乗り越え、今場所から約2年半ぶりに復帰した幕内で再び久々の賜杯を手にした。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  6. 6

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  7. 7

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  8. 8

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  9. 9

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  10. 10

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。