記事

地方分権時代における国民保護 - 川島佑介 / 行政学

国民保護法とはテロや戦争に直面してしまった際に、少しでも被害を抑えることを目的とした法律が存在する。2004年に成立した国民保護法である。2017年に北朝鮮からのミサイル発射が相次いだ際に流行語となったJ-アラートも、この法律を運用面から支えている。国民保護法は、住民を安全な場所へ導く避難、負傷者や避難者のケアにあたる救援、事態の鎮静化を目指す対処という大きな三本柱から成っている。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  4. 4

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  5. 5

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  6. 6

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  9. 9

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  10. 10

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。