記事

韓国では“感染者追跡アプリ”が物議…正しく怖がるために若新雄純氏「治った人の情報を」

 日本国内で、1月30日に武漢市からチャーター機第2便で帰国し“陰性”だった男性が、自宅待機中に発熱し新型コロナウイルスの感染が発覚するという初の事例が確認された。この男性と濃厚接触者である家族がどのような生活をしていたのか、厚労省は埼玉県在住ということ以外の詳細は明らかにしなかった。 一方、韓国では、政府が発表した資料をもとに作成された通称「コロナマップ」に関するサイトやアプリなどが次々に登場し…

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  3. 3

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  6. 6

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  8. 8

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  9. 9

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  10. 10

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。