記事

なぜ日本で韓国の小説がウケるのか “フェミニズム”との切り離せない関係 斎藤真理子(翻訳家)――クローズアップ - 「週刊文春」編集部

「韓国・フェミニズム・日本」と題した特集を組み、86年ぶりの3刷となった文芸誌『文藝』。その特集の増補決定版が、『完全版 韓国・フェミニズム・日本』として出版された。責任編集を務めたのが、翻訳家の斎藤真理子さん。現在15万部のヒットとなっている、普通の女性が普通の人生を送る中で様々なハラスメント被害を受ける過程を描いた韓国の小説『82年生まれ、キム・ジヨン』(チョ・ナムジュ著)の翻訳者でもある。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  3. 3

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  4. 4

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  5. 5

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  6. 6

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  7. 7

    ロッテ捕手 キャンプ中に妻不倫?

    SmartFLASH

  8. 8

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  9. 9

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  10. 10

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。