記事

発禁、監視、出国禁止……それでも中国の“反体制派作家”が「共産党独裁政権の崩壊」を恐れる理由 「この政権以外には、今日の中国社会を調整し、統合する勢力がない」 - 「文藝春秋」編集部

「5年後、10年後、20年後の中国は、一体、どうなっているのでしょうか。【写真】新宿歌舞伎町の風俗店から始まる近未来小説『黄禍』 中国の未来を予測することは最大級の難問です。この上なく不安定な要素を抱えているからです。 その不安定要素とは、『中国共産党による一党独裁』に起因するものです。これこそ中国の未来にとって最も中核的な問題となるでしょう」 こう語るのは、中国の作家で民族問題研究者でもある王力…

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  4. 4

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  5. 5

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  6. 6

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  7. 7

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  9. 9

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  10. 10

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。