記事

米の「標的殺害」、イエメンでは失敗、ソレイマニ暗殺は広範な作戦の一環 - 佐々木伸 (星槎大学大学院教授)

イラン革命防衛のソレイマニ司令官の殺害をめぐる米イランの緊張は双方がひとまず矛を収め、全面戦争の危機は回避された。この間、明らかになったのは司令官暗殺が米国のより広範な「標的殺害」の一環だったことだ。「標的殺害」はテロ組織の指導者らを暗殺する米国の“お家芸”。しかし、対象が非国家のテロリストから国家の要人にまで拡大した。「標的殺害」はどこまで許されるのか。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  3. 3

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  5. 5

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  6. 6

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  7. 7

    ポリコレ求める人が無視する事実

    PRESIDENT Online

  8. 8

    小池都知事に「政治家じゃない」

    文春オンライン

  9. 9

    給付金は必要 麻生氏発言に抗議

    田中龍作

  10. 10

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。