記事

焦点:トランプ政権の通商協議、ゴール見えない主要国との交渉

[ワシントン 3日 ロイター] - トランプ氏は2016年の米大統領選で、通商政策を大幅に見直し、拡大を続ける米貿易赤字を削減すると約束した。ところが現在、米国の貿易相手上位10カ国のうち韓国以外とは、協定が発効していない。日米間の第1弾の通商協定は2020年1月に発効するが、それ以外の国・地域との間では協議の先行きが不透明で、新たな通商協定締結の見通しが立たない状態だ。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  2. 2

    ケーキ食べ放題で無残な食べ残し

    東龍

  3. 3

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  4. 4

    コンビニ米不足? 農家抱える矛盾

    BLOGOS編集部

  5. 5

    橋下氏 百田氏に「選挙出たら?」

    橋下徹

  6. 6

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  7. 7

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    女性専用車 民放特集に批判続々

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    「ありのまま信仰」が老害を量産

    文春オンライン

  10. 10

    非効率な手続きが多い日本の銀行

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。