記事

ミシェル・ウェルベックの悲観的幸福論〜書評 『セロトニン』〜

(以下、本作の内容に触れます。未読の方はご留意ください) ・フランス現代文学の鬼才・ウェルベック史上もっとも暗く美しい愛の物語フランスの小説家で、仏文壇の「恐るべき子ども(enfant terrible)」の異名を持つミシェル・ウエルベック。彼の4年ぶりの新作となる『セロトニン』は、本国フランスで40万部超のベストセラーとなった。9月下旬に邦訳が発売されると、日本でも即重版が決定。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    役員報告資料のパワポは禁止せよ

    武田雄治

  2. 2

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  4. 4

    中村医師の死を政策論争に使うな

    篠田 英朗

  5. 5

    1%でもやる救命「自己満足」とも

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    Uberで性暴行 約半数は客の犯行?

    島田範正

  8. 8

    若者はジーンズ選ばないビジカジ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  10. 10

    自営業者にも厚生年金を適用せよ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。