記事

焼失の首里城にはなぜスプリンクラーがなかったのか

 火災で甚大な被害を受けた首里城(那覇市)が浮き彫りにしたのは、防火体制の問題点だ。焼失した正殿の周辺の消火設備としては、高圧の水を放つ放水銃に加えて、「ドレンチャー」と呼ばれる設備があった。屋根下から水を流して膜を作ることで、他の建物からの延焼を防ぐことが目的だ。「正殿を取り囲むように74個のドレンチャーがありますが、あくまでも他の建物から出火した場合に正殿を守るための設備です。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    役員報告資料のパワポは禁止せよ

    武田雄治

  2. 2

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    中村医師の死を政策論争に使うな

    篠田 英朗

  4. 4

    1%でもやる救命「自己満足」とも

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  7. 7

    Uberで性暴行 約半数は客の犯行?

    島田範正

  8. 8

    若者はジーンズ選ばないビジカジ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  10. 10

    自営業者にも厚生年金を適用せよ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。