記事

焼失の首里城にはなぜスプリンクラーがなかったのか

 火災で甚大な被害を受けた首里城(那覇市)が浮き彫りにしたのは、防火体制の問題点だ。焼失した正殿の周辺の消火設備としては、高圧の水を放つ放水銃に加えて、「ドレンチャー」と呼ばれる設備があった。屋根下から水を流して膜を作ることで、他の建物からの延焼を防ぐことが目的だ。「正殿を取り囲むように74個のドレンチャーがありますが、あくまでも他の建物から出火した場合に正殿を守るための設備です。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    ゲーム規制に県職員が異例の反対

    岸慶太

  2. 2

    国民民主議員「もう撤退すべき」

    篠原孝

  3. 3

    杏と東出昌大おしどり夫婦が別居

    文春オンライン

  4. 4

    タモリが絶賛するオザケンの歌詞

    メディアゴン

  5. 5

    ドコモ以外も 隠語で客をカモに

    NEWSポストセブン

  6. 6

    東京五輪での旭日旗使用に賛否

    AbemaTIMES

  7. 7

    お家芸? 品格ない野党会談に呆れ

    文春オンライン

  8. 8

    木下優樹菜と疑惑 乾貴士を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    トランプ氏 新型肺炎対策を言明

    ロイター

  10. 10

    三田友梨佳アナ 一般男性と結婚

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。