米国は香港を守り切れるのか? - 澁谷司

 今年(2019年)9月4日、林鄭月娥(キャリー・ラム)香港行政長官が、懸案の「逃亡犯条例」改正案をついに撤回すると発表した。 遅きに失した観がある。「光復香港、時代革命」(Liberate Hong Kong, the revolution of our times)を掲げるデモ側の要求がエスカレートし、すでに「逃亡犯条例」改正案撤回だけでは収まりがつかなくなっている。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  3. 3

    コロナ特効薬なぜ開発進まないか

    NEWSポストセブン

  4. 4

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  5. 5

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  6. 6

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  8. 8

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  9. 9

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  10. 10

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。