記事

「森喜朗元総理は”まるで最後の組閣のような布陣だな”と言った」産経元政治部長・石橋文登氏

 11日に発足した第4次安倍再改造内閣。組閣後の会見で安倍総理が打ち出したのは「安定と挑戦」、そして憲法改正への意欲だった。今回の閣僚人事について、政治ジャーナリストの石橋文登氏(産経新聞元政治部長)は「いわば憲法改正の是非を問う内閣。かなりの本気度だ」と話す。 「7月の参院選の時に衆参ダブル選を打たなかったのは、憲法改正で行使せざるを得なくなる解散カードを温存するためだったと私は見ていた。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  3. 3

    コロナ特効薬なぜ開発進まないか

    NEWSポストセブン

  4. 4

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  5. 5

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  6. 6

    イベント中止要請 経済対策急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  9. 9

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  10. 10

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。