記事

戦後の憲法解釈をダメにした「東大教授」の方便

 日本国憲法がアメリカ人によって起草されたことは歴史上の事実だ。しかし日本の憲法学者たちは「敗戦によって天皇制の神権主義から国民主権主義への転換という『革命』が起こった。それが日本国憲法の成立の法理だ」と主張する。東京外大の篠田英朗教授は「こんな荒唐無稽な解釈が受け入れられるのは日本だけだ」と指摘する——。※本稿は篠田英朗『憲法学の病』新潮新書の一部を編集部で抜粋・再編集したものです。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  2. 2

    辻元氏が個人党会費の転用を否定

    辻元清美

  3. 3

    TBS出演医師 テレ朝でも政府批判

    水島宏明

  4. 4

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  5. 5

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  6. 6

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  7. 7

    楽天の三重苦 送料無料は無理筋

    大関暁夫

  8. 8

    紅白出場歌手 薬物で逮捕寸前か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    突然の休校要請は社会を破壊する

    かさこ

  10. 10

    政府の休校要請は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。