記事

戦後の憲法解釈をダメにした「東大教授」の方便

 日本国憲法がアメリカ人によって起草されたことは歴史上の事実だ。しかし日本の憲法学者たちは「敗戦によって天皇制の神権主義から国民主権主義への転換という『革命』が起こった。それが日本国憲法の成立の法理だ」と主張する。東京外大の篠田英朗教授は「こんな荒唐無稽な解釈が受け入れられるのは日本だけだ」と指摘する——。※本稿は篠田英朗『憲法学の病』新潮新書の一部を編集部で抜粋・再編集したものです。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    読売の陰謀? 続くプロ野球不祥事

    文化通信特報版

  2. 2

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  3. 3

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  4. 4

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  5. 5

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  6. 6

    元SMAPへ圧力濃厚 公取委の見解

    笹川陽平

  7. 7

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  9. 9

    資材大手の不正 事業拡大がミス

    川北英隆

  10. 10

    部落差別に罰則求めるのは逆効果

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。