記事

『欽ちゃんのどこまでやるの!』は何が画期的だったのか

 1週間のレギュラー番組の視聴率の合計が100%近かったことから、“100%男”の異名がついた萩本欽一。中でも最高視聴率42.0%を記録した『欽ちゃんのどこまでやるの!』(1976~1986年、テレビ朝日系)は、100人の観客を前にした公開収録が特徴だった。 プロデューサーだった皇(すめらぎ)達也氏が振り返る。「萩本さんはとにかく仕事が好きな人で、2日間みっちり稽古して本番に臨んでいました。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    あおり殴打 投稿なければ野放し?

    かさこ

  2. 2

    性の悩みを真剣に語る場ない男性

    駒崎弘樹

  3. 3

    あおり殴打 女はクレーマー体質

    文春オンライン

  4. 4

    還暦AV女優が明かすやりがいとは

    PRESIDENT Online

  5. 5

    よしのり氏 Nスペで衝撃的な内容

    小林よしのり

  6. 6

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  7. 7

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  8. 8

    韓国で人気「反日は迷信」謳う本

    NEWSポストセブン

  9. 9

    煽り殴打容疑者「車と女」に執着

    文春オンライン

  10. 10

    韓国は自滅の道を歩む 北が予言

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。