記事

騒がないと動かない。鹿児島いじめ自殺事件にみる教育現場と行政の不作為

「騒がないと、動かない」。この行政の事なかれ主義は、中央のみならず、地方行政にも認められる。例えば、いじめを原因とする自殺認定だ。いじめによる自殺は跡を絶たない。しかし、学校でのいじめが原因であると、認定されないケースが多い。2014年8月20日に自殺した当時高校2年生だった田中拓海さん(享年15歳)もその一人だ。彼は鹿児島市の高校に通っていたが学校でいじめにあい、それが原因で自殺した。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  4. 4

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  5. 5

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  7. 7

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  8. 8

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  9. 9

    30万円給付に与党からも不満続出

    藤田孝典

  10. 10

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。