記事

共産党は、党官僚主導主義や教条主義から卒業できれば従来の共産党の殻を破ることが出来るはず

共産党の候補者が今回の参議院選挙で無所属を標榜して立候補することになった、というニュースを見た時は、腰を抜かすほどではないが、それなりにビックリしたものだった。共産党がそこまで柔軟になったのか、共産党の選挙戦略がそこまで進化したのか、共産党がそこまで野党間の選挙協力にご執心なのか、これは容易ならざる事態だぞ、と元自民党所属の国会議員として思ったものである。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  2. 2

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  3. 3

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    天皇燃やした? 映像制作者を直撃

    篠田博之

  5. 5

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  6. 6

    田中角栄が頼った「最強ヤクザ」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    よしのり氏 北巡る米発言に怒り

    小林よしのり

  8. 8

    3位に日本 好みに影響を与えた国

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  9. 9

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  10. 10

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。