記事

日本株不振、原因はタイムラグと政策、選挙後に好転へ

米国株史上最高値vs. 日本株不振先週米国株式が3指数そろって昨年の高値を更新した。米中貿易戦争が米国の景気後退には導かないとの見方が市場で受け入れられているからである。英国エコノミスト誌は先週号(7/13-7/19日号)の「何が史上最長の米国景気拡大を終わらせるか」という特集で、不思議なことに、当面それが見当たらないと分析している。その中で、日本株式の低迷ぶりが顕著である。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  5. 5

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  6. 6

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    GSOMIA破棄に米国「韓国に失望」

    ロイター

  10. 10

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。