記事

韓国レーダー照射事件、中国の海洋進出……数多の危機を乗り越えた前自衛隊トップの「リーダー論」 細部に拘泥するな。現場のニーズは現場がわかっている - 「文藝春秋」編集部

「自衛隊のトップとして、私が肝に銘じていたことがあります。それは一度ミッションが動き出したら、中央にいる私が細かい干渉を極力しないようにすること。現場のニーズは現場がわかっている。もちろん方向が違っていれば指導しますが、現地部隊を信頼し任せられるものは任せる。私は、これがリーダーの条件ではないかと思っています」 2014年10月から2019年4月1日まで、自衛隊制服組のトップである統合幕僚長を務め…

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  5. 5

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  6. 6

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    GSOMIA破棄に米国「韓国に失望」

    ロイター

  10. 10

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。