記事

ミッチーが総理になっていたら失われた20年はなかったか

 歴史に「if」はないといわれる。だが、過去の政治の転換点で、「もしもこの政治家が総理になっていたら、“国のかたち”は違っていたかもしれない」と期待された人物は少なくない。 日本政治の分水嶺はどこにあったのか──参院選(7月21日投開票)を前に検証することには重要な意味がある。本誌・週刊ポストのアンケートで政治家OB、政治記者、評論家ら30人が「総理になってほしかった政治家」を選んだ(別掲表)。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  3. 3

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  4. 4

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  5. 5

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  6. 6

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  7. 7

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  8. 8

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  9. 9

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

  10. 10

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。