記事

特攻機にも安全を求めたスバルの設計思想

SUBARU(スバル)の前身である中島飛行機は、第2次世界大戦期に最大26万人の従業員を擁する東洋最大の航空機メーカーだった。同社の信条は「乗員の安全を守る」。だが戦中は特攻機の開発も命じられた。同社は軍令にどう応じたのか。ノンフィクション作家の野地秩嘉氏がその歴史をひもとく――。(第2回)日本は戦艦よりも航空機が向いている中島飛行機の創業者は海軍で軍用機の設計をしていた中島知久平。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  4. 4

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  5. 5

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  6. 6

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  7. 7

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  9. 9

    日本版CDC創設を阻む厚労省の罪

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    ミスコンはもう全大学で中止せよ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。