トランプ大統領なしでは自由社会は潰れていた? ―中国をWTOに加入させた勘違い― - 屋山太郎

 「一帯一路」という商売は計画があって予算があり、金の調達は政府や銀行がやるという点で、資本主義的手法であり、自由主義的でもある。一方でアメリカが産出した大量の大豆を中国が買っているのも、自由経済そのものだ。 2001年に先進各国が中国を世界貿易機関(WTO)に加入させたのも、似たような商習慣を続けているうちに〝西側〟そっくりになってくるだろうと想像したからだ。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  2. 2

    神奈川HDD流出 社長辞任させるな

    山口利昭

  3. 3

    HDD転売事件が世界最悪級なワケ

    新倉茂彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    支持率に影響出ない桜見る会問題

    非国民通信

  5. 5

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「人のせいにする」ことの大切さ

    紫原 明子

  7. 7

    グレタさんCOP25で西側政府糾弾

    ロイター

  8. 8

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  9. 9

    「勝ち組」競争に苦しむ韓国社会

    fujipon

  10. 10

    神戸限定で人気 子供バッグの謎

    清水かれん

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。