記事

伊東四朗が語る「生涯脇役」としての美学と役割

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優・伊東四朗が、時代劇で主役を支え続けた日々について、主役をやっていても自分は脇役だと語る真意について語った言葉をお届けする。 * * * 伊東四朗は時代劇の出演も多く、『遠山の金さん』『右門捕物帖』では杉良太郎を支える役、『銭形平次』では北大路欣也のライバル役。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    「何で嘘ついた」宮迫の謹慎に涙

    女性自身

  4. 4

    三原じゅん子氏 野党は恥を知れ

    自由民主

  5. 5

    宝の持ち腐れ? ZOZO新商法に疑問

    諌山裕

  6. 6

    貯金2000万円で騒ぐより禁煙せよ

    永江一石

  7. 7

    立民のやる気ない選挙公約に失望

    篠田 英朗

  8. 8

    妻の「今日は排卵日」で勃起不全

    文春オンライン

  9. 9

    闇営業報道は反社の証拠買ったか

    AbemaTIMES

  10. 10

    USB正しい向き 表情で見分ける?

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。