「政権奪取は共産党との絶縁が不可欠」 ―破防法の調査団体=日本共産党=暴力革命方針堅持― - 屋山太郎

 政界がなぜ一強多弱の状態になったか。安倍首相が任期切れになったあとのポストに誰が座るか。本来なら対立野党の党首が本命になるはずだが、国民はいま、自民党以外の党から首相像は浮かばないだろう。それというのも自民党以外の党を寄せ集めてみても過半数には届かず、神輿に乗せて皆が満足する人物も見当たらない。目下は5つか6つ程度の少人数のグループが乱立したままの状態だ。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    高樹氏、田口逮捕でマスコミ批判

    BLOGOS編集部

  2. 2

    ミス誘ういきなりステーキの卓上

    かさこ

  3. 3

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  4. 4

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  5. 5

    築地の次は青山霊園を移転せよ

    毒蝮三太夫

  6. 6

    失念で済まない山尾氏の無断渡航

    和田政宗

  7. 7

    フリーで消耗 自転車操業の日々

    BLOGOS編集部

  8. 8

    内定辞退で来社 採用担当は迷惑

    城繁幸

  9. 9

    丸山議員への辞職勧告は言論封殺

    小林よしのり

  10. 10

    トランプ氏が羽田に着陸する意義

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。