記事

倉本聰が描く「湾岸テレビ」に対する強烈な怒り

高橋秀樹[放送作家/発達障害研究者]***4月11日放送のテレビ朝日「やすらぎの刻~道」は、倉本聰の強烈な架空のテレビ局・湾岸テレビへの「怒り」を感じた。もちろん、ドラマはフィクションである。それを頭に入れて見るのが作法である。だが、4月11日の放送では、作者である倉本聰自身の止めても止まらぬ怒りが奔流のように溢れ出たと思えるものであった。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  2. 2

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  3. 3

    丸山議員「絶対に辞められない」

    AbemaTIMES

  4. 4

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  5. 5

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  6. 6

    戦争発言 元官僚の厄介な勘違い

    篠田 英朗

  7. 7

    Google HUAWEIとの取引一部停止

    ロイター

  8. 8

    土井善晴「現代人は食なめてる」

    文春オンライン

  9. 9

    「面接大喜利」得意な学生は淘汰

    シェアーズカフェ・オンライン

  10. 10

    「韓国を相手に」谷川議員に苦言

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。