記事

中国が世界でばらまく「広告」の正体 「チャイナ・ウォッチ」をただの「広告」と思うことなかれ(前編) - 桒原響子 (未来工学研究所研究員・京都大学レジリエンス実践ユニット特任助教)

「China Watch(チャイナ・ウォッチ)」さて、これが何かをご存知だろうか?「チャイナ・ウォッチ」は、ワシントン・ポストやウォール・ストリート・ジャーナル等、米国を中心に、世界中の有力新聞の中で、目にする機会が増えたと感じるようになった。そこで取り上げられている内容は政治・経済・社会・文化といった時事ネタが中心で、紙面の構成まで、普通の新聞と何ら変わりない。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員「絶対に辞められない」

    AbemaTIMES

  2. 2

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  3. 3

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  4. 4

    「面接大喜利」得意な学生は淘汰

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  6. 6

    戦争発言 元官僚の厄介な勘違い

    篠田 英朗

  7. 7

    土井善晴「現代人は食なめてる」

    文春オンライン

  8. 8

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  9. 9

    「韓国を相手に」谷川議員に苦言

    大串博志

  10. 10

    Google HUAWEIとの取引一部停止

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。