記事

3カ国で梅を囲み…「令和」考案者込めた日中韓平和への願い

<初春の令月にして、気淑く風和ぎ――>新元号「令和」は、日本最古の歌集『万葉集』の「梅花の宴」の漢文で書かれた序文から採用された。『万葉集』に詳しい上野誠・奈良大学教授が解説する。「よい月に天気がよく、風が柔らかに頬をなでるような、なんともよい日に親しい友と宴をする――。730年正月13日、九州・太宰府で『万葉集』の編纂者の1人、大伴家持の父である大伴旅人の邸宅で催された梅の花見の宴。

記事全文を読む

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  3. 3

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  4. 4

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  5. 5

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  6. 6

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  7. 7

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

  10. 10

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。