記事

ゴーン氏、早期保釈の可能性~「罪証隠滅の現実的可能性」はない

 1月8日午前、東京地裁で開かれた勾留理由開示公判で、カルロス・ゴーン氏は、自身の言葉で、「私は無実だ。」「不正をしたことはなく、根拠もなく容疑をかけられ不当に勾留されている。」と主張し、勾留事実についても、具体的な反論を行った。そして、同日午後、大鶴基成弁護士らゴーン氏弁護団も記者会見を行った。元特捜部長・最高検公判部長の大鶴氏が「犯罪の嫌疑が全くないと確信している。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの躍進で連合は無力化か

    田中龍作

  2. 2

    TENGA社員 女性の自慰行為は普通

    AbemaTIMES

  3. 3

    YOSHIKIスカーフ騒動 英で笑いに

    小林恭子

  4. 4

    内田樹氏 日本人は対米従属に

    内田樹

  5. 5

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

  6. 6

    宮迫博之を干す世論のいじめ行為

    岩田健太郎

  7. 7

    米大統領 日韓対立の解消支援へ

    ロイター

  8. 8

    ブッフェで食べ残しがダサい理由

    東龍

  9. 9

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

  10. 10

    「アベやめろ」は単なる選挙妨害

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。