記事

「キリシタンの世紀」は世界からどう見られたのか? ——ノンフィクションの旗手、星野博美と広野真嗣が描き出す新たな日本人像

2018年7月、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン」が、世界文化遺産に登録され大きな話題となった。しかし潜伏キリシタンたちのたどってきた歴史については、日本国内でも十分に知られているとは言えない。『転がる香港に苔は生えない』で大宅壮一ノンフィクション賞を、『コンニャク屋漂流記』で読売文学賞を受賞したノンフィクション作家、星野博美は、『みんな彗星を見ていた――私的キリシタン探訪記』(文春文庫)で、キリ…

記事全文を読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  2. 2

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  3. 3

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  4. 4

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

  5. 5

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  6. 6

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  7. 7

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  8. 8

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  9. 9

    物流倉庫の過酷な労働環境 Amazonの利用者が気にしない従業員の待遇

    非国民通信

    04月12日 18:56

  10. 10

    コロナの影響はどの地方でも深刻

    大串博志

    04月12日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。