記事

米トランプ政権、風力・太陽光発電で政府所有地活用促進の動き

[2日 ロイター] - 米トランプ政権はカリフォルニア州の砂漠における再生可能エネルギー開発用のエリアを制限した計画の変更を検討している。連邦政府所有地での風力・太陽光プロジェクト推進に拍車がかかる可能性がある。内務省の土地管理局が1日、エネルギー開発を妨げる規制の緩和の一環として発表した。同局の担当者は「太陽光、風力、その他の再生可能エネルギーの開発での負担を軽減する必要がある」と述べた。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  4. 4

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  5. 5

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  6. 6

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  7. 7

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  8. 8

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    なぜリベラリズムは生き残るのか

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。