記事

森の中で学ぶ 中学生キノコ博士が新たな教育の場で見つけたもの

キノコに並々ならぬ関心を持ち、採取・研究を続けている少年がいる。横浜に住む山下光くんは学校になじめず、小学5年生で不登校になった。以降、学校には通わず、元々興味を持っていたキノコの生態の研究を行ってきた。中学2年生となった現在はその豊富な知識から「キノコ博士」と呼ばれることもあるという。 年間100個の標本を作る 中学生キノコ博士光くんはほとんど毎日、近所の公園や森に入り、キノコの採取をしている。

[ PR企画 / 日本財団 ]

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  3. 3

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  4. 4

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  5. 5

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

  7. 7

    なぜ日本経済は低成長に喘ぐのか

    澤上篤人

  8. 8

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  9. 9

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

  10. 10

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。