記事

認知症徘徊事故、家族が監督義務者の責任を負わないとする画期的な最高裁判決。そして残された課題。

画像を見る2007年12月、愛知県大府市のJR共和駅の構内で、認知症の91歳の男性が電車にはねられ死亡した事故で、JR東海は振り替え輸送にかかった費用などの賠償を求める裁判を起こし、1審と2審はいずれも家族に監督義務があるとして賠償を命じていました。 この場合、亡くなった男性が起こした事故は一種の不法行為であり、JR東海は不法行為の被害者ということになりますから、本来は男性が不法行為責任に基づく損…

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  4. 4

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  10. 10

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。