記事

『資本主義という病――ピケティに欠けている株式会社という視点』奥村宏著 - 著者インタビュー - 藤野光太郎

資本主義そのものを俎上に載せた議論が盛んだ。世界的ベストセラー『21世紀の資本』(トマ・ピケティ著、みすず書房)を筆頭に、類書を平積みにした書店も目立つ。その中で、「会社」を切り口に現代資本主義の病弊を鋭く分析したのが本書である。副題の“ピケティに欠けている株式会社という視点”が率直でわかりやすい。画像を見る奥村 宏(おくむら・ひろし)会社学研究家、商学博士。1930年生まれ。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  3. 3

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  7. 7

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  10. 10

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。