記事

フランスの新聞社襲撃事件から「表現の自由」の二面性を考える-サイード『イスラム報道』を読み返す

1月7日、パリで新聞社シャルリー・エブドが自動小銃をもつ2人組の男に襲撃され、編集者ら12人が銃殺されました。8日、フランス内務省は犯人をアルジェリア系のクアシ兄弟と断定。2人は過去にイラクへ戦闘員を送ったことで逮捕されており、当局からマークされていました。また、イスラーム国との関係も報告されています。逃走を手助けした男が自首したものの、2人はフランス北東部を逃亡。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    アダルト分野で素顔を晒す是非

    工藤まおり

  2. 2

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  3. 3

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  4. 4

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  5. 5

    韓国が国際法守ればG20会談実現

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  7. 7

    自称リアリストのうぬぼれに怒り

    内田樹

  8. 8

    NHKで逮捕者 局内に犯罪予備軍か

    渡邉裕二

  9. 9

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    今治タオル企業がネットの噂否定

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。