タグ

更新:2016年02月13日 06:53

ジカ熱

蚊が媒介する感染症。感染すると、発熱や発疹など風疹やはしかに似た症状が現れる。現在、中南米で急拡大し、ブラジルでは脳の発達に遅れがみられる小頭症の新生児が増えていることから、妊娠中の感染との関連が指摘されている。

WHO、ジカ熱で緊急事態宣言

世界保健機関(WHO)は1日、中南米で蚊が媒介する「ジカ熱」が急速に広がっているのを受けて緊急委員会を開き、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態にあたると宣言した。ブラジルでは小頭症の新生児が急増していることから、妊娠中の感染との関連が指摘されている。
この発表を受けて、2日午後厚生労働省で緊急の会議が開かれ、椎葉茂樹厚生科学課長が「国内での感染は報告されていないが蚊の活動が活発になる時期に備え対応に万全を期したい」と述べた。

関連記事

厚生労働省 ジカ熱の国内感染防止 対策強化へ - NHK(2月2日)
WHO、ジカ熱で緊急事態宣言 小頭症との関連重視 - 日経新聞(2月2日)
ジカウイルス感染症について - 厚生労働省

「ジカ熱」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。