タグ

更新:2018年10月29日 15:48

富岡八幡宮

江戸時代に創建された都内有数の神社。「深川の八幡さま」と親しまれてきた。

宮司退任求め警察署長にも手紙

共同通信社
東京・江東区富岡の路上で7日夜、富岡八幡宮の宮司・富岡長子さんが切りつけられ死亡した事件で、弟で自殺した元宮司の茂永容疑者が事件直前に氏子らに送っていた手紙が、警察深川警察署長宛てにも届いていたことが分かった。

朝日新聞によると、手紙が届いたのは、複数の氏子らに届いたのと同じ9日。内容が詳細なことから、茂永容疑者が事件直前に送ったものとして鑑定を進めているという。

手紙では、長子さんや父親らへの不満をつづり、長子さんを永久追放して自らの親族を宮司にすることを要求。その通りにならなければ「死後に於(お)いてもこの世(富岡八幡宮)に残り、怨霊(おんりょう)となり、要求に異議を唱えた責任役員とその子孫を永遠に祟(たた)り続けます」などと書かれていたと報じられている。

手紙に「宮司追放か怨霊で永遠の祟りか」 - 毎日新聞(12月9日)
「怨霊となり祟り続ける」=死亡宮司の弟、直前に手紙 - 時事通信(12月9日)
宮司退任求める手紙、容疑者が警察署長にも 富岡八幡宮 - 朝日新聞デジタル(12月11日)

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。