タグ

更新:2018年10月29日 15:48

RADWIMPS炎上騒動

RADWINMPSの新曲「HINOMARU」の歌詞が、「愛国心を煽っている」と物議をかもしている。

ボーカル・野田洋次郎さんが謝罪

BLOGOS編集部
人気バンドであるRADWINMPSの新曲「HINOMARU」の歌詞をめぐる炎上騒ぎをうけ、作詞を担当したボーカル・野田洋次郎さんが自身のTwitterで謝罪した。

「HINOMARU」の歌詞には、
胸に手をあて見上げれば 高鳴る血潮、誇り高く
この身に流れゆくは 気高きこの御国の御霊
さぁいざゆかん 日出づる国の 御名の下に
といったフレーズが並んでおり、ネットでは「軍歌かと思った」、「愛国心を煽っている」といった感想が出ていた。

野田さんは11日、自身のTwitterで
「HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません」
と釈明し、また
「色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」。
と謝罪した。

しかし、12日に福岡で行われたライブでは「HINOMARU」を披露。その後「自分の生まれた国を好きで何が悪い!」と絶叫し、ネット上で波紋を呼んでいる。

【関連記事】
“平成の軍歌”?ファンからは絶賛も…RADWIMPSの“愛国的”な新曲が物議 - AbemaTIMES(6月9日)
RADWIMPSの新曲が「軍歌っぽい」と物議 「日出づる国の御名の下に」「気高きこの御国の御霊」 - キャリコネニュース(6月8日)

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。