タグ

更新:2018年10月29日 15:48

プーチン復権

プーチン氏の当選を受けて北方領土問題が改めて注目されている。

北方領土問題に進展も

大統領復帰を決め、広場で涙を流すプーチン氏(AP/アフロ)

3月4日、ロシアで大統領選挙が行われ、プーチン氏が勝利。4年ぶりに大統領へ復帰することとなった。プーチン氏は選挙直前、一部外国メディアとの会見において、北方領土問題について「最終決着したい」との認識を示していた。

このプーチン氏の発言に対し、野田首相は「問題を解決していこうという意欲を感じた」と評価した上で、プーチン氏との早期会談の意向を示したと報道されている。

北方領土問題について、元外交官である佐藤優氏は、同問題をめぐる朝日新聞の報道に苦言を呈している。
土佐記者は、<森政権時代の2001年、イルクーツクで日本側が2島ずつの「同時並行協議」を提案した。だが国論は割れ、小泉政権は「並行協議」を撤回。当時の田中真紀子外相は路線修正のため、人事の混乱を引き起こした。>と記すが、小泉政権が「並行協議」を撤回したのは、田中真紀子外相が更迭され、川口順子外相になってからのことだ。事実誤認であるので、国民の真実を知る権利の観点から、朝日新聞はこの箇所を訂正すべきだ。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。