タグ

更新:2019年02月14日 11:37

野田市の女児虐待死事件

千葉県・野田市で小学4年生の女児が死亡し、両親が傷害の疑いで逮捕された。助けを求めた女児のアンケートの回答を、教育委員会が父親に渡していたことが問題になっている。

安倍総理 虐待疑われるケース緊急安全確認を

Getty Images

千葉県野田市で小学4年生の女の子が虐待死した事件を受けて、政府の関係閣僚会議が開かれた。安倍総理は、児童相談所などが把握している虐待が疑われるすべてのケースについて、1か月以内に緊急の安全確認を行うよう指示した。

NHKによると、安倍総理大臣や菅官房長官のほか根本厚生労働大臣や柴山文部科学大臣らが出席。安倍総理は、「子どもの命を守ることを最優先に、児童虐待の根絶に向けて総力を挙げて取り組んでもらいたい」と述べたという。

また、緊急の安全確認の他に、虐待の通告元や資料を虐待している側に一切明かさない新たなルールを徹底すること、それに、威圧的な保護者に対し、警察を含め複数の機関が共同で対処すると明言した。

首相 虐待疑われるケース 1か月以内に緊急安全確認を - NHK(2月8日)

母親も傷害の疑いで逮捕

共同通信社

千葉県・野田市で小学4年生の女児が死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者が傷害の疑いで逮捕され、母親のなぎさ容疑者も暴行を止めなかったとして4日、傷害の疑いで逮捕。母親は「娘が暴行を受ければ、自分はされないで済むと思った」などと述べている。

NHKによると、事件をめぐっては、野田市の教育委員会が「お父さんにぼう力を受けています」「先生、どうにかできませんか」などと書かれた女児のアンケートの回答を、父親からの要求を拒みきれずコピーして提供していたと判明。

野田市教育委員会は、女児のアンケートの回答の写しを公表し、父親が虐待を認めないなかで「女児の名誉のためには公表することが必要であると判断した」と説明したという。

「お父さんにぼう力受けています」市教委が直筆コピーを公表 - NHK(2月1日)
女児死亡 逮捕の母親「娘が暴行受ければ自分はされずにすむ」 - NHK(2月4日)

「野田市の女児虐待死事件」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。