タグ

更新:2018年10月29日 15:48

御嶽山噴火

長野県と岐阜県にまたがる標高3,067mの火山。

今季の捜索は「打ち切り」に

10月16日、阿部守一長野県知事は、降雪などによる気象条件の悪化に伴う捜索隊の二次被害を懸念し、今季の安否不明者の捜索を打ち切ることを発表した。寒さが解消された来春の捜索再開を検討していくという。

この発表に伴い政府は、17日、長野県庁に設置していた「現地対策本部」を解散した。

御嶽山、今季捜索打ち切り 寒さ・降雪、二次災害の恐れ - 朝日新聞(10月16日)
御嶽山 政府現地対策本部が解散 - NHK(10月17日)

戦後最大の火山災害

共同通信社
9月27日に発生した御嶽山の噴火は死者が50人を超え、1991年の雲仙・普賢岳(長崎県)の火砕流を上回る戦後最大の火山災害となった。
現在も火山活動の高まった状態が継続しており、気象庁は噴火警戒レベルを入山規制の3に設定している。

地元観光に打撃も


御嶽山の噴火で、ふもとの長野県木曽町の観光にも影響が出ている。
毎日新聞の報道によると、町観光協会には批判の電話が寄せられ、旅館やペンションの予約キャンセルも相次いでいるという。
長野県観光部はホームページ上で「木曽地域でも、御嶽山以外の観光地は十分にお楽しみいただけますし、このほか長野県内の観光地への影響はありません。例年どおり、秋の信州を満喫していただくことができます。」と案内している。

【関連記事】
御嶽山噴火:批判、予約キャンセル…長野県木曽町の苦悩 ‐ 毎日新聞(10月4日)
地元観光、沈黙の秋 「不謹慎」批判、安全性アピールもできず ‐ 産経新聞(10月13日)

【関連リンク】
★長野県へお越しの皆さまへ★ ‐ 長野県観光部
災害・緊急情報 ‐ 木曽町公式サイト
御嶽山噴火に関する情報 ‐ 長野県公式サイト
御嶽山ライブカメラ ‐ NHK

各紙社説

AP/アフロ
御嶽山噴火―火山リスクの直視を - 朝日新聞
社説:御嶽山噴火 被害者救援に全力を - 毎日新聞
御嶽山噴火 見せつけられた予知の難しさ - 読売新聞
御嶽山噴火 被害拡大防ぎ観測強化を - 産経新聞
突然の噴火に備え火山防災の総点検を - 日本経済新聞

登山者が撮影した映像

「御嶽山噴火」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。