タグ

更新:2021年01月16日 21:26

ジャニーズ

多数の男性アイドルグループが所属する。創設者のジャニー喜多川氏は、2019年7月9日に死去。

「ジャニーズJr.」満22歳での活動終了制度を導入へ

AP

ジャニーズ事務所は16日、「ジャニーズJr.」に関する制度の一部改定を発表した。

ジャニーズJr.の活動を満22歳までとする年齢制限を設け、継続には事務所との合意が必要になるという。

同事務所は「昨今においては、このような恵まれた環境であるが故に、一般的に人生の岐路と言われる年齢を迎えたジャニーズJr.が、適切な進路を決定し難くなっているのではないか、ということも同時に懸念されるようになってまいりました」とし、ジャニーズJr.の在り方について検討を重ねてきたと説明。

その結果として「ジャニーズJr.の活動は、アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返ると同時に、個人の適切な進路決定の確保といった観点からも、この度、ジャニーズJr.の活動において、一定の年齢制限を設けることといたしました」と経緯を明かした。

準備期間を経て、2023年3月31日より適用するとしている。

ジャニーズ事務所「ジャニーズJr.」の制度改定へ 満22歳までの年齢制限、継続には合意必要 - ORICON NEWS(1月16日)
ジャニーズJr.に22歳での活動終了制度を導入へ - 日刊スポーツ(1月16日)

【関連サイト】
ジャニーズJr.制度改定に関するご報告 - ジャニーズ事務所 | Johnny & Associates

元SMAPに事務所の圧力か 公取委が注意

共同通信社

「SMAP」の元メンバー3人について、ジャニーズ事務所が民放テレビ局などに対し、独立した3人を出演させないよう圧力をかけていた疑いがあるとして、公正取引委員会が17日までにジャニーズ事務所を注意した。

NHKによると、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人は独立後、出演していた民放局のレギュラー番組が次々に打ち切りとなり、現在民放番組への出演はなくなっていた。

公正取引委員会が関係者から事情を聴くなどして調査したところ、圧力をかけていた疑いがあることが分かり、芸能活動に必要な契約の成立を阻止するなどして不当に妨害する行為を禁じる独占禁止法違反につながるおそれがあるとして、ジャニーズ事務所を注意したという。

元SMAP3人の出演に圧力か ジャニーズ事務所に注意 公取委 - NHK(7月17日)
ジャニーズに「注意」 公取委の狙いは? - 日本経済新聞(7月18日)

ジャニー喜多川氏 87歳で死去

SMAPや嵐などの国民的アイドルを生み出した芸能事務所「ジャニーズ事務所」の創設者であるジャニー喜多川氏が9日午後、くも膜下出血のため都内の病院で亡くなった。87歳だった。

NHKによると、ジャニー氏は先月18日に自宅で体調の異変を訴え病院に向かおうとし、意識を失って緊急搬送されていたという。

これを受けてジャニーズ事務所に所属するタレントらがコメントを発表。木村拓哉は「今の自分があるのも、ジャニーさんとの出会いが無ければ……。と思うと感謝してもしきれません」とつづったとFNN PRIMEが報じている。

ジャニー喜多川さん 死去 87歳 - NHK(7月10日)
ジャニー喜多川氏死去を受け、所属タレントがコメント発表【全文1:近藤真彦、木村拓哉、嵐、KAT-TUN、関ジャニ∞】 - FNN PRIME(7月10日)
ジャニー喜多川氏死去を受け、所属タレントがコメント発表【全文2:Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST…】 - FNN PRIME(7月10日)
ジャニー喜多川氏死去を受け、所属タレントがコメント発表【全文3:東山紀之、TOKIO、V6、NEWS、関ジャニ∞】 - FNN PRIME(7月10日)

「ジャニーズ」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。