タグ

更新:2018年10月29日 15:48

都議会セクハラヤジ問題

6月18日、東京都議会の一般質問中、塩村あやか議員(みんなの党)に対して「そんなことを言う前に、おまえが早く結婚しないのかっ!!」などのヤジが飛んだという。

「がんばれよ」ヤジ飛ばした議員が判明

6月29日、民主党の山下太郎都議が塩村議員の一般質問中「がんばれよ」「動揺しちゃったじゃないか」というヤジを飛ばしたことを認めたことが明らかになった。20日に開かれた会派の会合の中で、既に山下都議はヤジを飛ばした事実を認め、経緯についての説明をしていたというが、29日に共同通信などの取材が行われるまで明らかにされてこなかった。民主党会派は「あくまでも自民側のヤジを牽制するためのもので、塩村議員個人に対するセクハラではない」との見解を取っている。

「がんばれよ」「動揺しちゃったじゃねえか」は民主都議 - 朝日新聞(6月29日)

「結婚すればいいじゃないか」ヤジは鈴木章浩議員

共同通信社
23日午後、都議会自民党の吉原幹事長が会見を行い、「結婚すればいいじゃないか」との発言を行ったのが鈴木章浩都議(大田区選出)だったことが明らかにされた。

鈴木都議はは塩村都議に面会し謝罪。その後会見を行い、説明の機会を逸したことなどを謝罪した。鈴木都議は既に会派を離脱し、新会派「都議会再生」の結成届を提出した。

また28日、自民党の石破幹事長は鈴木議員以外のヤジ発言者についても自発的に名乗り出るよう求めた。

吉原幹事長の会見詳報
鈴木章浩都議の謝罪会見詳報

編集部
24日には塩村都議が外国特派員協会で会見。外国メディアの記者たちを前に、「鈴木都議は勇気を持って名乗りでてくれた。ただ、一人ではなかったので、今後も名乗り出てほしい」「安倍首相のご意見も聞いてみたい」などと語った。

みんなの党ではヤジについて声紋分析を行うことにしており、NHKも独自に声紋分析を依頼、別の男性の声が検出されたとの結果について報じている。

塩村議員の会見詳報
やじの音声分析 直後に別の男性の声も - NHK

社説

ヤジ議員判明 説明にもあきれ果てる - 毎日新聞
都議会ヤジ問題 セクハラ謝罪で収拾できるか - 読売新聞
セクハラ都議会は猛省せよ - 日本経済新聞
反省なき議会―人権と少子化を学べ - 朝日新聞

関連サイト

ゆるぎない信念が東京を変える! - 鈴木あきひろオフィシャルサイト
ブログFacebook
東京都議会

「都議会セクハラヤジ問題」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。