タグ

更新:2020年01月19日 08:53

箱根駅伝

例年1月2日、3日に行われる大学駅伝の競技会。

青山学院大が総合優勝 2年ぶり5回目

共同通信社

第96回箱根駅伝は3日、復路のレースが行われ、前日に往路を制した青山学院大が、2年ぶりの総合優勝を果たした。

2位の国学院大から1分33秒差でスタートし、順調にたすきをつないでいった青学。9区では、神林勇太選手が区間トップの走りでリードを広げるなど、チームは1回も首位を譲ることなく、大会新記録の10時間45分23秒でゴールした。

おととしまでの総合4連覇以来となる、2年ぶり5回目の総合優勝となった。

また、最優秀選手(金栗杯)には、東洋大の相沢晃選手(4年)が選ばれている。

【関連記事】
箱根駅伝 青山学院大が総合優勝 2年ぶり5回目【全成績】 - NHKニュース(1月3日)
[箱根駅伝]最優秀選手に東洋・相沢…モグスの区間記録を更新 - 読売新聞オンライン(1月3日)

関連サイト
第96回東京箱根間往復大学駅伝競走

往路は青山学院大が3年ぶり優勝

共同通信社

第96回箱根駅伝は2日、往路が行われ青山学院大が3年ぶり4回目の優勝を果たした。2位は国学院大、3位には東京国際大が入り、東海大、明治大、帝京大と続いた。

3区では東京国際大のビンセントが、59分25秒をマークし区間記録を2分1秒更新。4区では、青学大の吉田祐也が東京国際大の佐伯涼を抜き、首位に再浮上した。トップでたすきを受けた青学大は5区も首位をキープし、2位に浮上した国学院大と1分33秒の差でフィニッシュした。

【関連記事】
箱根駅伝 往路は青山学院大が3年ぶり優勝 - NHKニュース
【詳報】箱根駅伝 青学大が3年ぶり4度目の往路優勝 - 朝日新聞

関連サイト
第96回東京箱根間往復大学駅伝競走

「箱根駅伝」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。