タグ

更新:2019年02月26日 12:36

厚労省の勤労統計不正

厚生労働省が実施する「毎月勤労統計調査」の集計方法に不備が発覚。雇用保険などで給付過少が発生していた。

追加給付は総額530億円超

BLOGOS編集部

 厚生労働省は1月11日、「毎月勤労統計調査」の一部に不備があったことを発表した。

 同統計は、賃金や労働時間の動向把握を目的とするもので、NHKによると全数調査のうち一部を抽出調査で実施していたことが分かった。この影響で同統計をもとに算定される雇用保険や労災保険の給付額が、本来支払われるべき金額よりも少なく支給されていた。

 厚労省は、差額分の追加給付を発表しており、対象者は延べおよそ2000万人、総額は530億円超に上るとしている。

・「勤労統計調査」誤った手法で実施 厚労相 影響調査を指示 - NHK(1月8日)

・不適切調査 職員は認識も厚労省内で共有されず 530億円支給へ- NHK(1月11日)

 

「厚労省の勤労統計不正」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。