タグ

更新:2020年01月17日 10:19

カルロス・ゴーン

日産の資金を私的流用した疑いで4月に再逮捕され、保釈中であったが、その後レバノンへと無断出国し、保釈が取り消されている。

不法出国で日本人による協力を示唆

AP

日本を不法出国しレバノン入りしたカルロス・ゴーン被告がフランスの雑誌のインタビューに対し「地元の人が加担することなく出国できると考えるなら、それは幻想だ」と述べ、逃亡に際して日本人の協力があったことを示唆したと、NHKが17日に報じた。

逃亡の経緯については「私を助けた人たちを危険にさらさないため、詳細は明かさない」として言及を避けている。

また、何か月も前から逃亡を計画していたと伝えられていることについて、ゴーン元会長は「私は行動するまで、ぐずぐずするタイプではない。出国しなければと考えてからすべてが速やかに進んだ」と述べ、こうした情報を否定したという。


ゴーン被告 逃亡の際“日本人の協力あった”と示唆 仏雑誌掲載 - NHK(1月17日)

日産がゴーン氏の不正行為による支払い金額公表

日産が16日、東京証券取引所に提出した報告書によると、日産がオランダに設立した投資会社を通じてブラジルやレバノンにゴーン元会長が使用する住宅を購入したり改装したりした費用として2200万ドル以上、今の為替レートで換算すると24億円以上が支払われたという。

また、日産のコーポレートジェットやチャータージェットを自身や家族で私的に利用し、日産が440万ドル、日本円で4億8000万円を負担した。

日産はこうした不正についてゴーン元会長の責任を追及し、損害賠償請求などの手続きを進めることにしている。


日産 ゴーン被告の不正行為に伴う支払い金額公表 法的手続きへ - NHK(1月17日)

レバノン検察が国外渡航禁止を決定

レバノン検察は9日、日本からICPOを通じて出された国際手配書に基づきゴーン被告の取調べを進めている。

NHKによると、検察はゴーン被告の国外渡航を禁止したことを発表し、さらに調べを進めたうえで被告を訴追するか検討しているという。


レバノン検察 ゴーン被告を「渡航禁止」に - NHK(1月9日)
レバノン検察、ゴーン被告の「国外渡航禁止」を決定 - AbemaTIMES(1月9日)

記者会見で逃亡を正当化する主張

カルロス・ゴーン被告が8日、逃亡後初めてとなる記者会見をレバノンの首都、ベイルートでひらいた。被告は「日本では公正な裁判を受けられる望みがなかった」などと述べ、逃亡を正当化する主張を行った。

NHKによると、ゴーン被告は日本から逃亡した理由について「正義から逃げたのではなく不正義と迫害から逃げたのだ」とし、「公正な裁判が受けられる国ではどこででも裁判を受ける」と回答。

またどのように出国し、レバノンに到着したかについては「協力してくれた人を危険にさらしたくない」などとして一切明かさなかったという。


ゴーン被告 記者会見で逃亡を正当化 出国方法は明かさず - NHK(1月9日)
ゴーン元会長会見、逃亡方法「話すつもりない」 - 日本経済新聞(1月8日)

「カルロス・ゴーン」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。