タグ

更新:2020年01月24日 09:21

カルロス・ゴーン

日産の資金を私的流用した疑いで4月に再逮捕され、保釈中であったが、その後レバノンへと無断出国し、保釈が取り消されている。

逃亡の成功確率「75%」と告白

AP

日本を不法出国しレバノン入りしたカルロス・ゴーン被告が、逃亡後に弁護士の郷原信郎氏に対して、逃亡を最終決断した理由や成功確率などについて語っていたことが明らかになった。

ゴーン被告は、逃亡を決めた理由について、「起訴されている特別背任事件の審理開始が21年か22年になった」「審理が始まるまでは妻との接触禁止が続く」と裁判官から告げられ、逃亡するしかないと決めたことを告白。

「国外逃亡が成功する確率はどう考えていたのか」という郷原氏の質問に対しては、「100%成功させる計画を立てたが、計画時には予想できなかったことが起きる可能性もあるので、成功確率は75%くらい」と話したという。

ゴーン被告、逃亡を最終決断した理由 成功確率は「75%」と考えていた - 47NEWS(1月20日)

【関連リンク】
ゴーン氏10時間超インタビュー~「レバノンへの不法出国」が衝撃だった「もう一つの理由」 - 郷原信郎(1月20日)

「カルロス・ゴーン」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。