タグ

更新:2018年10月29日 15:48

東芝技術海外流出事件

東芝が米・サンディスク社と共同開発しているNAND型フラッシュメモリの技術に関する機密情報が、ライバル会社である韓国・SKハイニックス社に流出していた。

SKハイニックス社を提訴

東芝が米・サンディスク社と共同開発している記憶媒体・NAND型フラッシュメモリの記述に関する機密情報が、東芝のライバル会社である韓国のSKハイニックス社に流出し不正に使用されていることが発覚。情報提供を受けた警視庁が調査を続けていた。

3月13日に情報を流出させた元サンディスク社員の男性が逮捕され、これを受けて同日に東芝はSKハイニックス社に対し損害賠償を求める民事訴訟を東京地裁に提起した。また、提携先のサンディスク社もSKハイニックス社に対し損害賠償を求める民事訴訟を米・サンタクララの最高裁に提起した。

逮捕された男性は2007年4月から2008年5月の間、三重県四日市市にある東芝の開発施設にサンディスク社の技術者として勤務していた。自らのIDを用いて東芝のサーバーコンピューターにアクセスし、NAND型フラッシュメモリの大容量化に関する技術についての機密情報を無断でコピーしたという。男性は2008年にSKハイニックス社に転職し、コピーした技術情報を同社のコンピューターの共有フォルダーに保管していた。

【各社社説】
東芝技術流出 日本のもの作りが脅かされる ‐ 読売新聞(3月16日)
東芝のデータ漏洩 日本の技術守る法整備を ‐ 産経新聞(3月16日)
技術情報の不正流出を防ぐために ‐ 日本経済新聞(3月16日)
技術流出―「やり得」の流れを断て -朝日新聞(3月19日)
技術の海外流出 官民協調で「財産」守れ -東京新聞(3月17日)

【関連記事】
東芝、ハイニックスを提訴 情報漏洩事件巡り -日本経済新聞(3月13日)
東芝の元提携先社員逮捕 記憶媒体技術、韓国へ流出容疑-朝日新聞デジタル(3月13日)

関連リンク

韓国SKハイニックス社に対する訴訟の提起について-東芝(プレスリリース)
NAND型フラッシュメモリ-東芝(製品紹介)
【抄訳リリース】サンディスク、営業秘密の不正取得に対してSKハイニックスを提訴-サンディスク(プレスリリース)
SKハイニックス-同社HP

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。