タグ

更新:2018年10月29日 15:48

カメラを止めるな!

6月23日に都内2館で公開されてから口コミで評判が広がり、8月17日現在全国190館で上映されるなどブームを巻き起こしている。

「原作者」が怒りの告発 訴訟準備も

(C)ENBUゼミナール

都内2館の公開から口コミで評判が広がり、8月17日現在全国190館で上映されるなどブームを巻き起こしている映画「カメラを止めるな!」について、上田慎一郎監督が着想を得たとされる舞台の主宰者だった和田亮一氏による「怒りの告発」という記事が週刊誌「FLASH」に掲載された。

SmartFLASHによると、かつて上田監督と和田氏らの間で舞台「GHOST IN THE BOX!」を映画化する話が持ち上がったが、その後頓挫。和田氏は「カメラを止めるな!」を公開後に知り、「構成は完全に自分の作品」だと感じたという。

和田氏は「原作」としてのクレジットを求めたが「原案」と表記され、提案された原案利用契約では「明らかに違和感」のある金額で、舞台にリメイクする権利も全て失うものだったと説明。弁護士に相談して、訴訟の準備を進めているなどと報じられている。

『カメラを止めるな!』はパクリだ!原作者が怒りの告発 - SmartFLASH(8月20日)
『カメラを止めるな!』原作者が語る「僕がどうしても許せないこと」 - SmartFLASH(8月21日)

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。